神奈川県相模原市南区のバレエ教室、ヤマグチクラシックバレエです(◡‿◡ฺ✿)

 

踊れる身体作りを応援します(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

 

できない所を何回も繰り返してできない事を練習しても余り意味がないです(T_T)

 

あっ、大人の初心者の方ですよ(≧▽≦)

 

できない所を出来るように練習する事には意味があります(^^)

 

毎回、レッスンの時にできない所はないですか?必ず止まってしまう所。ヴァリエーションの中でも必ず間違えてしまう所。

 

余り失敗を繰り返すと脳がここで失敗するって覚えてしまうらしいですよΣ(゚д゚;)だから、本番中やみんなが見ていると緊張したり焦ったりしてその失敗が出やすいらしいです(◞‸◟ㆀ)間違った情報を脳に与えてしまっています(T_T)

 

だから、何をどう踊るかが大切。バレエになっていなくてはダメです(◞‸◟ㆀ)苦手なピルエットの時、ダブルを単品で延々とやるのではなく、ピルエットは1周にして綺麗に終わり次に行く。そこに表現力を、足すとか。

 

苦手なグラン・ジュテ。脚を開く練習、つかないスプリッツを痛くて我慢してやるのではなく、開くのを目的にしないで華やかに踊るとかした方が良いと思います(^^)

 

もちろん、ピルエットのダブルを諦めるのではないです。見せ方を先に練習したらどうですか?

 

間違えたり、失敗って次に繋がらないんですよね。だって、毎回失敗するから。ちゃんと踊れた時ない。絶対に上達してません。

 

バレエは全部通してできないとダメなので・・・

 

それに、できない所をそこだけをストレッチや筋トレしても踊りに繋がらないんですよね(◞‸◟ㆀ)

 

例えばディベロッペで脚をあげたいと思って、ストレッチや筋トレしても脚はあがりません。一応あがりますが、私が必要としているのはディベロッペをしてもらいたいたんです。脚をあげるだけではディベロッペのあの感じには出せません(T_T)

 

明日からのレッスンに役立ててくださいね…♪*゚

http://ycballet.jp/

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

初めてのヴァリエーションでヴァリエーションを踊って見ませんか?動く事を目的にしていません。踊る事を目的にしています(^^)

毎週水曜日、10時〜、相模大野校

 

お問合せはこちら

メールが開きますm(_ _)m

 

一般の方用

友だち追加