肩甲骨から腕を使って!バレエ上達法 バレエ初心者

ブログ

相模原市南区バレエ教室
ヤマグチクラシックバレエ

 

Mikako
Mikako

こんにちは!ヤマグチクラシックバレエです。

肩甲骨や背中から腕を使って!ってレッスン中に注意を受けると思いますが、肩甲骨の意識ができていない人・わからない人が多いですね。

昨日は中谷氏によるボディコンディショニングクラスがありました!前日に私のストレッチクラスで肩関節・肩甲骨のストレッチをしたのですが偶然にも昨日も肩甲骨でした。

そこで私のクラスとボディコンディショニングクラスのリンクができればよりレッスンにいかせるのにね💧

最近、背中の重要性を再確認をしているのでもっと伝えないといけないな٩(ˊᗜˋ*)و

肩甲骨や背中から腕を使うにはどうすれば良いのか?

肩甲骨・背中から腕を使うと言う事はバレエ脇ができないとできません。

バレエ脇ってね、腕もきちんと使えなくては使えません。

脚もターンアウトして作りあげるのなら、腕を作りあげる事も必要なんですよ。

腕もターンアウトが必要って事。

レッスン中にできる事はある?

肩甲骨ってバーの持ち方でものすごく変わるの知ってますか?

バーの持ち方は先生から教わった通りに持ってくださいね。私が説明するバーの持ち方といつもレッスンを受ける先生が違うのなら、いつもレッスンを受ける先生のおっしゃる通りにしてください。先生も考えがあってそうしているのですから。

バーってきちんと持てると脇にも力が入る様になってます。

バーの高さも重要⚠️

肘が、脇から離れると肩甲骨もバレエ脇も使えないので注意してください。

バレエ脇が使える様に意識してバーを持ってくださいね。

まとめると腕を作り上げて、バレエ脇を使って肩甲骨・背中から腕を使ってくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました