脚の骨が回ってなかった!バレエ上達法 相模原市のバレエ教室ヤマグチクラシックバレエ

バレエ上達法
神奈川県相模原市南区
バレエ教室
ヤマグチクラシックバレエ
 
 
今すぐ変わりたい!
バレエ上達法
 
 
バレエ教師の目線からお伝えしてますラブラブ

ターンアウト講座で何か変だと思ったら脚の骨を回さずターンアウトをしてました。

 

だから1個上に引き上がらないんですね😅

 

膝も押して突っ張って立ってしまいます。

 

脚だけを回そうとせず、骨を回して1つ上に行く様に立ってみましょうね。

 

ターンアウトネタは数え切れない。なかなか伝わらないですね🤣

 

子どもに見本でターンアウトをさせたら説明し終わった瞬間に解きました。お尻の下が疲れたらしいです。

 

疲れるんだよ😒…。ちゃんとやれば。

 

ターンアウトの必要性がないからだろね。

 

ターンアウトしなくてもヴァリエーションが踊れるし。ピルエットだって回れる。

 

でもね、子どもの場合は体幹とターンアウト(セットで考える事)をきちんとやればやるほど踊れるし回れるし動けるんですよ。

 

大人クラスの人にもそこをわかって欲しい!

 

私の言葉が足りずにわかってもらえないのが悲しい。心に響かないんでしょうね。

 

正しくターンアウトをする必要性はケガ防止にもなります。強い脚にもなります。

 

骨を回して正しくターンアウトをしましょうね!

やっぱり股関節はこれ⤵︎ ⤵︎
サンテプラス フレックスクッション(本体のみ)
骨盤を立て効果的にストレッチ。

.:*・゜♪。.:*・゜♪。

 

ヤマグチクラシックバレエでは生徒さん募集中です。決して派手ではありませんが、確実に上達する事ができます。

また、柔道整復師の資格を持つバレエ教師(RAD認定教師)が常駐しておりますので正しく間違えなくクラシックバレエを楽しんで頂けます。

新体操・体操・スケート・チア・ダンスや社交ダンス等で怪我でお困りの方もお問合せをお待ちしております。

lineに登録してね💕

タイトルとURLをコピーしました